>
たまご会の活動

たまご会の活動

障害者活動センターたまご

就労支援としてクッキーの製造販売・アイスクリームの製造販売・清掃作業・手芸品づくり・農作業と収穫物の販売などを行っています。この他創作活動や季節の行事、地域のイベント参加・見学などを行っています。

 

生活介護センターたまご

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことにできるよう支援を行います。

  1. 排泄及び食事の介護の提供
  2. 創作的活動又は生産活動の機会の提供
  3. 身体機能及び日常生活の維持向上のための支援の提供
  4. その他の便宜を適切に行います。

 

ケアホームたまご

★ 活動内容

「住みなれた地域で暮らしたい」「自立した生活を送りたい」という障害持つ仲間のあたりまえの願いを実現する場として誕生しました。

ケアホームは、小さな集団で生活し、それぞれ各個室を持ちプライバシーも大切にされています。 利用者は自分ができることは自分ですることを基本にしな がら、世話人から必要な援助を受けながら日々の生活を送っています。

 

 

 

★ 目的

「どんなに重い障害があっても、当たり前のように地域で暮らしたい」その思いをひとつの形として「ケアホームたまご」が実現しました。

施設開所から7年目の今年、計画を進めてきた「ケアホームたまご」が開所いたしました。たまご会に係る者達のひとつの夢が実現し、たまご会の歴史に新たな 1ページが加わりました。

障害をもっていても、地域で当たり前に暮らす、そう願う人たちが国を動かし、平成元年にできたグループホーム制度・・・いつの日か、たまごでも障害の重 い人が地域であたり前に暮らすことを願い続け、障害者自立支援法において誕生した制度、「ケアホームたまご」(共同生活介護事業)にたどり着きました。

総事業費(土地・建物購入費、改修費用等)約7千万円の大きな事業になりました。国から一千万円の補助金をいただき、2階建ての12室のアパートがケア ホーム7室、ケアルーム1室、他4室を用途改修し、風呂場、食堂、ダイニングルームに生まれ変わりました。

特筆すべきは、8畳もあるその個室(居室)の広さです。保護者の方が時には一緒に泊まることも可能な広さを備えています。

地域の中で普通に暮らす拠点として、この「ケアホームたまご」はこれから大きく前進していく必要があります。運営面・経営面において、また、実践面にお いても多くの困難が待ち受けていることが予想されますが、決してこの「ケアホームたまご」が終着駅ではなく“ここから始まる!”という気構えで、生活を共 にする仲間や関係者と共に歩んでゆきます。

 

レスパイトルームたまご

短期入所(ショートステイ)は一日4人までの仲間が宿泊できます。外泊の練習をしたり生活リズムを整えるといった目的で宿泊する人もいれば、友達と一緒に 泊まることを楽しみにしている人もいます。中には、日中には見せない力を見せる人も?!

 

相談支援センターたまご

障害者が障害福祉サービスを適切に利用できるよう、依頼に基づき、利用者の心身の状況、環境等に応じて適切な保健、医療、福祉、就労支援等のサービスが多様な事業者から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行われるよう、サービス利用計画を作成し、障害福祉サービス事業者等その他の者との連絡調整その他の便宜を提供します。

 

あゆみ保育園

子どもたちを真中に、保護者と保育士が手をつないで、一緒に子育てをしていく保育園です。
よく食べてよく眠り、友達と一緒に遊ぶことが大好きな子ども。
生活に必要なことは自分ででき、物事に興味や関心を持ち意欲的に取り組む子ども。
自分の思いを言葉や身体で表現出来る子ども。
そんな子ども像をもち、職員集団が学習し、話し合いながら保育を行います。

 

 

あゆみ学童クラブ

あゆみ保育園卒業後も保護者が安心して働き続けられるようにと設立されました。異年齢の集団の中で、仲間と関わり、共に育ち、最後までやりぬく力、前向きに取り組む力を培うことを目指しています。

 

にこにこおひさま

発達の気になる子どもたち(乳幼児・学童児)を対象に、個別や集団での遊び・生活を通して支援を行う児童デイサービスです。子どもたち個々が持っている可能性を大切にし、個性を育みながら、生きていく力を培っていくことを目指しています。

さんさんたいよう

 個別や集団での遊びや生活を通して療育を行っていきます。具体的な療育内容は「構音指導」、「水泳療育」、「感覚統合や体を整えるあそびや活動」、「ダウン症の赤ちゃん体操」などです。
言語聴覚士、水泳インストラクター、作業療法士、ダウン症の赤ちゃん体操指導員、保育士が対応します。
また、育児の不安や悩みに対して、保護者の方の相談にも応じ、保護者の学習会や、保護者交流会を行います。
 

 

相談支援事業所おひさま

発達の気になる子どもの療育やしょうがい者のサービスの利用のための計画を立てています。
発達に応じたより豊かな支援が受けられるよう、家族やかかわる人々の思いに寄り添った支援を目指しています。

 

障害者支援センターたまご

 入浴、排せつ、食事の支援などをおこなうとともに、創作的活動または生産活動、戸外活動の機会を提供します。

 

法人庶務

 伝票処理、会計処理、請求業務、行政手続き業務、電話対応、来客対応、備品の発注から購入・在庫管理等諸処雑多な業務をこなしています。明るい対応で明るい事務所になるよう心がけています。

 

 

たまごコミュニティー・みんなであゆみ

 みなさんとのコミュニケーションの場を目指して、たまご会後援会とあゆみ後援会の瓦版です。

 

たまごコミュニティー

・みんなであゆみ